赤ら顔をすぐ治したい!赤ら顔を隠すメイクテクニックを解説

赤ら顔用メイク
赤ら顔を隠すメイクテクニックを紹介します。

赤ら顔を緩和する手段の一つとしてコントロールカラーを使用するというのが有効です。
補色を使うことによって赤ら顔をうまく隠すテクニックです。

しかし、「コントロールカラー」と一口に言っても色の種類が豊富でどれを使ったらいいか分からないという人もいらっしゃるかもしれません。

そういった方のためにも、今回は赤ら顔の緩和に有用なコントロールカラーの色の種類をご紹介します。
【赤ら顔を隠すのに有効な色】
・グリーン
・イエロー
・ブルー
・ラベンダー
あるいはイエローやピンクにベージュが混ざったような色も人によっては使えます。
グリーン・ブルー・ラベンダーは肌の赤みを抑えて肌色を均一にするほか、寒色系(ブルー、ラベンダー)の色味が加わることで肌に透明感を演出することもできます。

イエローは肌なじみの良さを維持しながら赤みをうまくカバーする働きを持っていますが人によってはくすんでしまうという人もいます。

イエローがくすんでしまったりしてダメだった場合、グリーンやブルーを使ってみるというのも手でしょう。

ラベンダーはグリーンやブルーほどではありませんが、肌色の赤みやムラを整える働きも持っているので軽度の赤ら顔の方はラベンダーで事足りるかもしれません。

「ブルー系」のコントロールカラーは顔の赤みはもちろんくすみも綺麗に打ち消し、なおかつ涼し気な印象に仕上げてくれます。
夏のメイク時には取り入れやすいかもしれません。

一方で、塗りすぎてしまうと顔が青白く見えて血行が悪そうな印象にもなるので使い慣れるまでに時間が掛かるのが難点です。

メーカーによって色味は微妙に違う

コントロールカラーの色味はメーカーによって微妙に異なっていてます。

たとえば「グリーン系」であってもメディア(カネボウ)では少し白っぽい緑色のグリーンのコントロールカラーが出ているのですがdプログラム(資生堂)ではブルーグリーンのコントロールカラーが発売されており微妙な色味の違いによって赤ら顔の状態にも影響します。

「ラベンダー系」でもNOVから出ているラベンダーピンクやインテグレート(資生堂)では青みの強いラベンダーなど、ご自分の赤ら顔の赤みの強さがどの程度かに合わせて使う色味も微妙に変わってきます。

「イエロー系」でも白っぽい黄色か、ピーチ系なのか、少しベージュっぽい色味などほかの色に比べて少し幅が広いです。

セザンヌのUVウルトラフィットベースのピーチ系は白とオレンジを混ぜ合わせたようなバランスのいい色味で、軽度の赤ら顔の人によさそうなカラーです。

淡いイエロー系の場合は、朝起きたときの血行不良などから引き起こされるくすみや色ムラ、赤ら顔などを改善するのに有効です。

「ピーチ系」はなじみがよくとても使いやすい色味でありながら、ある程度の肌の色ムラも整えてくれる便利なカラーです。
しかし、塗りすぎてしまうと反対に赤ら顔が目立ってしまうので分量に注意が必要です。

赤ら顔に効く化粧水はこちら

赤ら顔を隠すメイクで使ってはいけない色味

ここまでは赤ら顔に有効な色味を紹介してきましたが、使ってはいけない色味(赤ら顔をより際立ててしまう色味)もご紹介します。
【使ってはいけない色味】
・オレンジ系
・ピンク系
赤ら顔の「赤」に近い色です。

赤ら顔を改善するのには肌色に近い色(イエロー、ベージュが混ざった色)か、正反対の色味(上であげたグリーン、ラベンダー、ラベンダー)が有効です。

こちらのオレンジとピンクは2色とも暖色であり、顔全体に使用してしまったりすると赤ら顔が余計に際立ってしまいます。

この2色には血行をよさそうに見せる働きがあり、それが仇となって赤ら顔が目立ちやすくなります。

ピンク系のものでも使えるものがあるとしたら、ラベンダー色に少しピンクが入ったようなものやピンクベージュ系の限りなく肌色に近いピンク系のものであればギリギリ赤ら顔の方でもお使いいただけます。

赤ら顔をすぐ治したい!赤ら顔を隠すメイクテクニックを解説

ページトップボタン